辛味取り

玉ねぎの辛味を取る切り方〜栄養を保ちながら辛味を取る方法を解説!

玉ねぎの辛味を取る切り方〜栄養を保ちながら辛味を取る方法を解説!

玉ねぎってものによって辛みがすごくあるものもありますよね。

その辛みがいいとおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、苦手な方も多いと思います。
お子さんに食べさせる時などは、辛みがあると食べれないですもんね。

実は、切り方によって、辛みをとる方法があります。知らなかった方は必見ですよ。これを知っているだけで、料理をする時などにすごく助かりますよ。これから少しご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にしてください。

玉ねぎの辛みが取れる切り方

玉ねぎの辛みが取れる切り方
玉ねぎを食べるとき、特にサラダなどにする場合、水にさらして辛みをとるというのは、ご存知の方が多いと思います。ですが、この方法ですと、時間がかかってしまい、余計な作業が増えてしまいますよね。更に、長時間付けておかないと辛みが抜けなくておいしくなかったりします。

玉ねぎの辛みが抜けている、抜けていないで、おいしさが全然違います。手間をかけずに辛みが出ないようにする方法があったら本当に助かりますよね。辛みが出ない切り方は、玉ねぎの繊維に沿って垂直に切ること。縦に切るより、辛みが出ません。

玉ねぎを半分に切って実物を見てみましょう。繊維が上下の方向に入っていたら、それを、縦方向に切ってしまうと辛みが出ますので、垂直になるように横に切ってください。これだけで、縦に切るよりも格段に辛みが減ります。縦に切るのと、横に切るのでは、使い方が変わってきます。

カレーなどに長い玉ねぎが入っていたら違和感がありませんか?基本的には生食用に使う場合は垂直に切り、火を通したりして、辛みが気にならない料理に関しては横に切って、レシピに応じて切り方を変えましょう。

辛みが取れる理由

玉ねぎの辛みが取れる理由
玉ねぎの、辛みと臭いの原因となっているのは、酸化アリルという成分です。これが、玉ねぎを切ったときに涙が出て、芽がしょぼしょぼしてしまう原因になっているのです。この、酸化アリルは、空気に触れることによって気化してしまいます。

繊維に対して玉ねぎを垂直に切ることで繊維が空気に触れる面積が大きくなってしまうので、結果的に玉ねぎから辛みがたくさん出ていってしまいます。ですから、垂直に切ることによって、空気に触れる面積を増やし、切っているときから、辛みを抑えることができるのです。

よく言われている、水にさらして辛みをとる方法は、実は、酸化アリルというものは、水にとけてしまうため、栄養成分が逃げてしまいますのでおすすめできません。

酸化アリルという成分は、様々な効果がありますので、せっかくある成分をなくしてしまうのはもったいないですし、意味がなくなってしまいますよ。ご注意下さい。

常温で空気にさらすとよい

玉ねぎは常温で空気にさらすとよい
先程ご紹介いたしました通り、玉ねぎは、切ってから水にさらさなくても、十分辛みは抜けます。そして、大切な栄養素もそのまま残すことができます。

玉ねぎを繊維をたつように垂直に切った後、全体がまんべんなく空気に触れるように時々混ぜて、玉ねぎ同士が重ならないようにして常温でしっかり空気にさらしましょう。目安の時間は最低でも15分放置するようにしてください。

この時に重要なのが、冷蔵庫に入れないようにすること。常温でさらすからいいのです。
水にさらさず、常温にさらすことによって、栄養成分も抜けないまま、辛みだけが抜けていきます。

辛みは蒸発しやすいので、残った玉ねぎに甘みがぎゅっと凝縮されて、おいしくなりますよ。ぜひお試し下さい。

おわりに

多くの方が知らずに水にさらしていたと思います。時間を置いてせっかくさらしても、辛みが思ったほど抜けていなかったという経験はありませんか?

しかも、栄養成分が抜けてしまってるなんて考えもしなかったことだと思います。

水に溶けやすい成分だったなんて・・・。
今までやっていたことが間違っていたという方もいらっしゃると思います。ぜひご参考にしていただいて、栄養がぎゅっと詰まったおいしい玉ねぎをお召し上がりください。