栄養・効果

玉ねぎの生食は危険?生食のメリットデメリットを紹介!

玉ねぎの生食は危険?生食のメリットデメリットを紹介!

古くから日本人に親しまれてきただけでなく、最近では健康食材としても注目されている玉ねぎ。

生で食べると効果が高いとも言われていますが、いったい玉ねぎにはどのようなパワーが秘められているのでしょうか。

ここでは玉ねぎを生食することによって得られるメリット、及びデメリットについてお話したいと思います。

生食での食べ過ぎは危険?アリシンによる口臭や腹痛などによるデメリット

生食での食べ過ぎは危険?アリシンによる口臭や腹痛などによるデメリット

玉ねぎを切っていて、目が痛くなったり涙が出てきた経験がお有りの方も多いのではないでしょうか?その原因はアリシンと呼ばれる成分に由来します。

アリシンはネギ類特有ので成分ですが、これが粘膜を刺激するために涙や鼻水が出てくるのです。
さてそんなアリシンですが、生食をすることによって効果的に摂取できる半面、次のようなデメリットも存在しますので注意が必要です。

1.腹痛になる

アリシンには強い殺菌作用があり、胃がんの原因とも言われているピロリ菌にも効果があると言われています。その効果は腸内における悪玉菌に対しても有効ですが、同時に善玉菌に対しても同様の影響を及ぼします。

その結果、腸内の環境が乱れ腹痛に繋がる可能性があるのです。ストレスや疲労などで胃腸の調子が良くない場合にもアリシンの刺激による腹痛が生じるケースがありますので注意が必要です。

2.胃痛や吐き気を招く

アリシンには強い刺激により胃腸の運動を活性化させる効果がありますが、その一方で胃腸が弱っている場合には刺激が強すぎて胃痛や吐き気などに繋がる場合があります。また、同様の理由により胃もたれや胸やけなどの症状を呈する場合もありますので食べ過ぎには注意して下さい。

3.おならや体臭が臭くなる

アリシンは体内に入ると硫化水素を発生させます。いわゆるおならの元となる「ガス」ですが、これは「卵の腐った臭い」と形容されるほどの臭いですので、おならもそれに伴って臭くなってしまいます。

また、硫化水素は基本的にはおならとして体外へ排出されますが、排出しきれなかったものは体内に留まります。その結果、最終的には汗などの体液に混ざる形で体外へと出ていきますので、体臭も玉ねぎ臭くなってしまう可能性があるのです。

玉ねぎの生食のメリットについて

玉ねぎの生食のメリットについて
先だって玉ねぎに含まれるアリシンのデメリットについてお話ししましたが、次のような「健康食材」と呼ばれるに相応しいメリットも沢山あります。

1.血液がサラサラになる効果がある

玉ねぎを食べると血がサラサラになる、というのは玉ねぎが持つ効果の中でも一番知られているものかもしれませんが、この効果の元となるのがアリシン(硫化アリル)です。血流を良くする作用がありますので、脳梗塞や動脈硬化の予防にも効果があると言われています。また、血糖値の上昇を防いだり、悪玉コレステロールを減らすなど生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

2.疲労を回復する

豚肉などに多く含まれるビタミンB1は、新陳代謝を活発化させる事によって疲労を回復させる効果があります。このビタミンB1の吸収を助けるのがアリシンです。吸収を高めるだけでなく効果を持続させることもできるため、疲労回復に繋がるとされています。
また疲労回復と同時に免疫力を高める効果もあるため、風邪などの予防にも有効です。

3.食欲を増進させる

アリシンの過剰摂取は前述の通り腹痛や胃痛などの原因になりますが、適度に摂取すれば消化液の分泌を促進し、食欲を増進させる効果があります。

いかがだったでしょうか?アリシンは食べ過ぎると口臭や腹痛などの原因となりますが、
適度に食べれば健康を維持するための大きな助けとなってくれます。

春先に出回る新玉ねぎなどは辛味も少なくサラダなどでも食べやすいと思いますので、是非日々の食事に取り入れてみて下さいね。