栄養・効果

玉ねぎのお肌への効果

玉ねぎのお肌への効果

玉ねぎの栄養効果で有名なのは、血液をサラサラにすることです。しかし、あまり知られていませんが美肌効果も期待できます。

玉ねぎはダイエット効果も得られますし、肌の調子も整えてくれるとなると非常に女性には魅力的な食材ですよね。

そこで、玉ねぎがどうして美肌効果があるのか、美肌効果を得られるおすすめの食べ方をお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

玉ねぎの栄養と美肌効果

玉ねぎの栄養と美肌効果
玉ねぎには、硫化アリルという成分が豊富に含まれていて、この成分には腸内環境を整えデトックス効果が期待できます。腸内環境がキレイになると、肌の調子が良くなるのです。

そのため、玉ねぎを食べることによって老廃物を体から追い出し、体の中からキレイになることができます。

また、同様に豊富に含まれているケルセチンという成分は活性酸素の発生を抑えられるため、シミやくすみを予防する効果があります。

ただ、美肌効果を得るためには調理方法が重要になります。

硫化アリルは、玉ねぎ特有の辛味や臭いの元になっているので食べやすくするためには下処理が必要です。この成分は水に弱く、長時間水にさらしていると栄養が流れ出て行ってしまいます。

ケルセチンは水や熱に強いですが、硫化アリルは弱いので慎重に取り扱う必要があることは覚えておきましょう。

おすすめの食べ方

玉ねぎのおすすめの食べ方
玉ねぎの栄養素をしっかりと摂取できるような食べ方をご紹介します。

まず、おすすめなのは生で食べることです。生で食べることによって、当然美肌効果を得るためには1番手っ取り早いと言えます。

美肌効果を得られるように硫化アリルを良い状態で摂取するためには、スライスすることがポイントです。玉ねぎをスライスすることによってアイリンという細胞を壊し、その際に良質な硫化アリルが出てくるのです。

ただ、生で食べるのは辛味や臭いが苦手という人もいます。その場合は、玉ねぎを薄くスライスして15分程度空気にさらしている間に醤油やポン酢を使用するとより辛味が抜けますよ。

また、美肌効果を得られるビタミンB1の吸収を良くするので、豚肉やカツオなどの上にすりおろした玉ねぎをかけて一緒に食べると美肌効果を倍増させられます。

さらに、ビタミンB1はダイエット効果も期待できるので、より女性には嬉しい作用が働きます。

水に栄養が溶け出すという成分の特徴を利用して、スープにしてしまうというのもアリです。

スープにすれば玉ねぎを煮る段階で当然硫化アリルは溶け出し、スープを飲むだけでしっかりとその栄養素を余すことなく体内に摂り入れることができます。体を温めることができますし、他の野菜と一緒に煮込むことによって一気にたくさんの栄養を摂取することができるので、とってもおすすめです。

ポイントや注意点など

玉ねぎ調理のポイントや注意点など
調理の際のポイントは、加熱時は事前に玉ねぎをスライスし、15分程度空気にさらしておくことです。

この一手間が硫化アリルやケルセチンの成分を壊れにくくすることができるので、必ず行うようにしてください。難しい話ではなく、ただ切って置いておくだけです。

また、いくら美肌効果があるからと言って、多くの玉ねぎを食べることはやめましょう。だいたい1日1/4玉食べるだけでも十分に効果を得ることができます。

たくさん購入をして、調理をしやすくするために冷凍保存をしようと思う人も多いかもしれません。

冷凍保存の方法は、粗みじんにカットし、ジップロックなどの密閉袋に広げて入れて冷凍します。

ただ、冷凍すると繊維が壊れるため、食感はなくなります。その分甘みが増すので、炒めたりサラダには向いていません

逆に煮込み料理に向くので、スープやシチューなどに使用してください

おわりに

ちょっとした工夫と食べ方によって、玉ねぎ本来の栄養を摂取することができます。

美肌効果をきちんと得るためには、成分を壊さないように慎重に食べるようにしましょう。