レシピ

玉ねぎの味噌汁の時の切り方〜辛さの調整方法を伝授!

玉ねぎの味噌汁の時の切り方〜辛さの調整方法を伝授!

家庭での副菜としても欠かせないお味噌汁を定番の玉ねぎ使ってご紹介していきます。

まず玉ねぎの切り方は、お家ではどうしていますか、玉ねぎを切る時には、繊維を壊さない切り方もあります。また、玉ねぎを柔らかくする切り方もあります。おうちで作るお好みのお味噌汁に使う玉ねぎの切り方をご紹介します。

玉ねぎをお味噌汁やまたスープなどで使うどのように切っていますか。野菜の切り方で、柔らかくもなり、またシャキシャキの味わいにも切ることができます。他の野菜と煮込んだら、玉ねぎの形がなくなってしまってなんてことはありませんか。ここでは、玉ねぎの味噌汁の時の切り方を詳しくお話ししていきましょう。

玉ねぎを縦に薄切り

玉ねぎを縦に薄切り
玉ねぎを繊維に沿って縦にきることで、玉ねぎのシャキシャキ感を残すことができます

歯ごたえのある玉ねぎのお味噌汁を作る時には、玉ねぎの繊維に沿って切りください。こうすることで少し辛味成分を残すことも可能です。大人のお味噌汁になります。

  1. 玉ねぎの薄皮を剥いてください。
  2. 玉ねぎの上と下の部分を切り落とします。
  3. 上下切り落とした玉ねぎを縦半分に切ります。
  4. 玉ねぎの繊維に沿って薄切りにしてください。

*薄切りにすると、玉ねぎが早く煮えます。

玉ねぎ横の薄切り

玉ねぎの繊維を横にきって壊すことで、玉ねぎを早く柔らかく煮ることができます。

また辛味成分も和らげることも可能です。口当たりも良くなるります。

お子様やお年寄りにお味噌汁を作る時には、こちらをお勧めします

  1. 玉ねぎの薄皮を剥きます。
  2. 玉ねぎの上と下の部分を切り落とします。
  3. 上下切り落とした玉ねぎを繊維を断ち切るように横に薄切りしていきます。
  4. 玉ねぎの縦と横の違いをしっかり確かめましょう。

玉ねぎの上下を切り落とした後、玉ねぎの上下が、包丁の手前にあるのが、玉ねぎの縦切りになります。

また玉ねぎの切り落とした上下が左右にあるのが、玉ねぎの横切りです。

玉ねぎの切り方は、ちょっとした違いで、玉ねぎをお好みの食感で味わえます。お試しください。

玉ねぎのみじん切り

玉ねぎのみじん切り

玉ねぎを、薬味として扱う時に、お味噌汁に豚汁なとに合わせて小さく刻んで入れたい時もあります。

そんな時のために、玉ねぎのみじん切りお教えします。

  1. 玉ねぎの薄皮を剥いてください。
  2. 玉ねぎを半分に切ります。
  3. 半分に切った玉ねぎの切り口を下にして包丁を寝かすように下から切れ目を入れていきます。
  4. 玉ねぎの根元の部分を少し残して切ってください。
  5. 次は 玉ねぎを縦向き置いて、端から縦に細く切れ目を入れてださい。
  6. 最後は玉ねぎの下が左側にくるように玉ねぎを置きます。
  7. 端から縦に細かく玉ねぎを刻んでください。

これで綺麗なみじん切りの完成です
みじん切りのコツは、玉ねぎの根元側の端を少し残して切ってください。

玉ねぎ入り味噌汁のレシピ

お味噌汁の玉ねぎだけですと、少し寂しいので玉ねぎと一緒に他の具材を入れるレシピをご紹介します。

玉ねぎと油揚げとわかめのお味噌汁

材料
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 油揚げ 一枚
  • わかめ 適量
  • 出汁 適量
  • お好みのお味噌
作り方
  1. 玉ねぎを薄切りにします。
  2. 油揚げも細切りにしてください。
  3. わかめは、戻しておくと柔らく仕上がります。
  4. 最初に玉ねぎを入れてお湯を沸かします。
  5. その時に、お水から出汁昆布を適量入れておきます。
  6. 出汁の素を使う時には、玉ねぎが煮えてからにしてください。
  7. 玉ねぎが透き通ってきたら、わかめ油揚げを入れていきます。
  8. その後、お味噌汁を入れて出来上がりです。

これで 玉ねぎと油揚げとわかめのお味噌汁の定番料理の出来上がりです。玉ねぎと油揚げの味わい、わかめの香りが美味しです。

おわりに

玉ねぎのちょっと切り方で、具材の歯触りが変わります。今回は、簡単に早く煮える玉ねぎの味噌汁の時の切り方をご紹介させていただきました。玉ねぎを使うお料理は色々あります。じっくり火を通す煮込む料理には、くし切り、薬味として使う場合は、みじん切りなど、その料理に合わせた具材の切り方をすることをおすすめします。

今回は早く煮えて欲しいので玉ねぎの薄切りをご紹介させていただきました。玉ねぎを縦に切る場合と横に切る場合とあるので、その使い方も覚えておくとお役に立てるとおもいます。