栄養・効果

玉ねぎは食べ過ぎると体に悪い?

玉ねぎは食べ過ぎると体に悪い?

玉ねぎはどの季節でも手に入れる事ができます。その玉ねぎが新玉ねぎで出回る時期は4月〜5月と言われています。

巷では、体に良いとされている食材です。健康にいいと言われている玉ねぎも、食べ過ぎてしまうと体のためには良くない影響も出てくる場合があります。

玉ねぎを食べ過ぎてしまった時には、体にどんな影響があるのか、その影響を具体的に紹介していきます。

口臭、体臭について

春の時期から初夏にかけて新玉ねぎなどは本当に美味しい季節になりますが、玉ねぎの匂いが少し気になることがありませんか。

食べ過ぎてしまうと玉ねぎが口臭や体臭になってしまうことがあります。食べた玉ねぎの匂いが腸内でガスになり、その一部が口へと逆流して、口臭へと繋がります。

また玉ねぎをたくさん食べてしまうと更にガスを体の中で持て余してしまうことになり、その余ったものは血液へと溶け込み体臭になってしまうことがあります。

このような口臭体臭の強い匂いは玉ねぎに含まれているアリシンが原因となっているのです。

あっ食べ過ぎてしまったなと感じた時には、歯磨きをするとかりんご牛乳をのんでも匂いを軽減することもできます。困った時には試してみてください。

下痢や腹痛について

玉ねぎの食べ過ぎ・下痢や腹痛について

玉ねぎを食べ過ぎてしまったときに、お腹が痛くなり下痢になってしまうこともあります。この原因は玉ねぎに含まれるアリシンに関係していると言われています。

アリシンは腸の動きを活発にしてくれます。やはり玉ねぎを食べ過ぎてしまうと、刺激が強くなりすぎて、胃腸の弱い人などは、下痢になってしまったり、お腹が痛くなってしまうことがるのです。

お腹だけではなく、胃も痛くなる可能性もあります。これは玉ねぎが胃腸に刺激を与え食欲が出てきて他のものをたくさん食べ過ぎてしまうこと原因になっています。胃腸に刺激が強くなりすぎて腹痛を起こしてしまうのです。

新玉ねぎがいくら美味しくても、自分の体調を考えて食べることをおすすめします。

頭痛やめまいなど

玉ねぎの食べ過ぎ・頭痛やめまいなど

玉ねぎに含まれているアリシンは、偏頭痛の原因と言われています。人にもよるのですが、玉ねぎの食べ過ぎで個人差によって、このような状態が体に現れてしまうこともあるようです。

また玉ねぎを食べ過ぎてめまいを起こす人の場合は、食物アレルギーに関係していることもあるようです。このアレルギー症状は遅延型と言われ玉ねぎを食べてから数時間、数日たって症状が出ることが多いようです。

遅延型アレルギーとは、個人差もありますが、何かをたくさん食べる症状が出ることが多いですから、このような人は玉ねぎをたくさん食べないように気をつけてください。

玉ねぎで貧血を起こす

玉ねぎを食べ過ぎてしまい、貧血をおこしてしまうことはないのですが、ただこの玉ねぎのネギ属に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分がヘモグロビンを酸化させることで、貧血を起こしやすくなるようです。

これはニンニクやニラなどのネギ属にも多く含まれるものです。タマネギ中毒と言って、猫や犬また牛などには、とても強い中毒です。人にはそのようなことはないのですが。

やはり美味しから玉ねぎを食べ過ぎてしまうのは気をつけないといけません。

おわりに

体にいいと言われている玉ねぎも、たくさん摂りすぎることはやはり気をつけないいけません。個人差にもよりますが体調不良の時には、美味しいですが刺激の強い玉ねぎや食べ物は、少し控えておいた方がいいようです。

また個人差でアレルギーの症状がでてしまう場合もあります。そんな時には、玉ねぎを食べるを控えることをおすすめします。

玉ねぎを食べる量については個人差があります。ただ腹痛や下痢などを起こして、胃腸に影響がでてしまうことのないようにしていれば、それが個人の玉ねぎの適切な量でしょう。