保存方法

玉ねぎの大量保存方法

玉ねぎの大量保存方法

一般的に田舎では、玉ねぎを建物の軒下につるして保管し、その保存期間も長く5か月にも及ぶこともありました。今ではごく限られたシーンになりましたが、先人の知恵で長期間の保存を可能にしていました。

現在は、スーパーで少量を買って消費するのが通常ですが、大量に知り合いの方などにもらったりした場合の、その保存の方法などを紹介しましょう

大量に玉ねぎが余った時の保存方法

大量に玉ねぎが余った時の保存方法

玉ねぎのいわゆる常温での保存は、2ヶ月になります。冷凍や冷蔵では1ヶ月であり、いかに外気による自然乾燥が必要であることが分かりますね。

漬物にした場合には、2週間しか持ちません。またオイルや塩漬けでの保存方法もあります。保存のポイントは水気を避けることにあります。

ここで紹介します方法は「常温での保存」「冷蔵庫での保存」「冷凍庫での保存」「漬物での保存」になります。

常温での保存

「常温での保存」ですが、日陰で吊るす方法になります。

畑から葉っぱごと抜いてきてその葉(これを葉玉ねぎと言いますが、これも採れたては美味しいです。)を縛り4個~5個くらいを横棒に吊るし、日陰の風通しの良いとこで保存します。もちろんストッキングやネットでもOKですね。

また玉ねぎを一つずつ新聞紙にくるみカゴで保存する方法もあります。ちなみに常温保存の湿度ですが、50%~70%が良いとされています。

冷蔵庫での保存

つぎに「冷蔵庫での保存」ですが、野菜室では90%が湿気で満たされています。この湿気が大嫌いなのが玉ねぎちゃんです。

そこで新聞紙に包みポリ袋に入れ軽く口を締めて野菜室で保存すれば美味しくいただけますね。

冷凍庫での保存

「冷凍庫での保存」ですが、玉ねぎをみじん切りや薄切りにしたものを炒めて、冷ました後にラップやジップロックに入れ冷凍庫で保存します

これは少し手間がかかりますが、フードプロセッサーを使いオニオンペーストにしフライパンでもって弱火で1時間くらい炒めます。茶色になった状態でジップロックに入れ冷凍保存にします。

カレーやミートソースとアレンジすればコクがでて一段と美味しくなります。

「漬物での保存」ですが、みじん切りにした玉ねぎをワインビネガー(ブドウを原料にした果実酢になります。)に浸けて冷蔵庫で保存します。これで約2週間は保存ができますね。サラダのドレッシングやポテトサラダなどに加えますと味がより深く引き立ちます。

さらに塩玉ねぎでの保存方法もあります。これはいたって簡単で、みじん切りの玉ねぎに2%程度の塩を加えてかき混ぜビンに入れ冷蔵庫で保存します。

スープや炒め物での利用範囲は多い品物になります。

その他オススメの消費・保存方法

その他オススメの消費・保存方法

基本は早く消費することにありますが、今までお話ししました以外にも玉ねぎの消費や保存の方法をここではご紹介します。

新鮮なものがやはり一番良いのですが、まず玉ねぎの見分け方や選び方にも触れてみましょう。

  • 球形なものや皮に傷がなく、乾燥していてツヤのある玉ねぎを選びましょう。
  • 玉ねぎの上部から芽が出ていたり、根が伸びていたりするものは避けましょう。

以上になります。

本題の「オススメの消費や保存の方法」に参りましょう。

まずは、玉ねぎをマリネにして冷凍庫で保存されることをオススメします。これは解凍するだけで手間もかからず簡単に作れます。冷凍保存ですので1ヶ月は安心して利用できます。

ではその作り方ですが、

  • 玉ねぎ:1個
  • オリーブオイル:小さじ1杯
  • 塩:小さじ1/3杯

が材料になります。

◇玉ねぎを薄切りにしてオリーブオイルと塩を混ぜるだけでOKになります。
◇ソーセージやハム、季節の野菜を混ぜてサラダにはもってこいになります。

もう一品目ですが、玉ねぎのそぼろ煮です。

  • 玉ねぎ:400g
  • 鶏のひき肉:150g
  • ごま油:小さじ1杯
  • しょう油:大さじ2杯
  • 酒:大さじ1杯
  • 砂糖:小さじ1杯
  • 水・1/2カップ」

が材料になります。

◇玉ねぎを1.5㎝角に切り、フライパンにごま油を引き中火で鶏のひき肉を色が変わるまで炒めます。
◇玉ねぎを加えて透明になるまで炒めなしたら、調味料を加え水分がなくなれば完成になります。

そぼろ煮にしますと、冷蔵庫では4~5日間、冷凍庫では2週間ほど保存が可能になります。手軽でどなたでも作れる玉ねぎレシピになります。

おわりに

玉ねぎの大敵は湿気になります。風通しが良く日が当たらないところでの保存場所が最適になります。

夏場は冷蔵庫などでの保存になりますが、玉ねぎをカットしワインビネガー浸けにして冷蔵庫に保存するのも楽しみの一つですね。